リコンディショニング指導法

リコンディショニングは他のトレーニングと比べて非常にデリケートなものです。故障に悩む方のフィジカル面メンタル面の両方をサポートしていかなければならないからです。ジムにやって来るお客さんの中でもリコンディショニング目的の方は予想以上に多いそうです。ケガが治っても元の運動機能を取り戻せていないと感じている方や、自分のイメージしていた体の状態とは異なるという悩みを抱えた方が多くいらっしゃると言います。病院での治療やリハビリが完了した状態以上の運動機能は取り戻せないと諦めてしまっている方も多いと思います。しかし、正しい指導法でリコンディショニングをおこなえば元の状態以上の運動機能を手に入れることも出来るのです。

リコンディショニングを指導する側は気を付けなければならないことがあります。まずはお客さんに今の状態と目標とする状態を提示します。今の状態と目標を知ってもらうことは回復への近道となります。お客さんの体の状態は日々変化するため、毎回お客さんの体と向き合いそのときにベストなトレーニングを提案してあげましょう。またトレーニングは段階的に進めていくといいでしょう。1ステップをクリアしたら次のステップへ進める形のトレーニングであれば、指導を受ける側は自分の今ある状態を把握できモチベーションも高まります。お客さんの中にはネガティブになり心が折れてしまう方もいますが、トレーナーがお客さんの不安を取り除き、根気強く支えてあげることでリコンディショニングは成功します。