変形性膝関節症のリコンディショニング

変形性膝関節症という診断を受けても、その痛みの範囲は制限されます。動作などの特徴は千差万別である。このことから、リコンデイショニングにおいて、プログラム開始前におこなわれるパーソナルトレーナーのスクリーニングは特に重要となる 。

まず重要なことは「痛み」が発生する動作や可動域、そして何よりも 、痛みのせいで クライアントが生活を送るうえで支障をきたしていることは何なのかを十分に把握することだ。

クライアントによってはスポーツ活動など、強度の高い動作をおこなうことを希望しているかもしれないし、あるいは、普段の日常生活を不安なく送れるようになることが希望という場合もある。クライアントの求めるライフスタイルによってゴールは異なるし、また リコンデイショニングを進めるスピードも変ってくる 。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *