特に身体機能(ファンクション)に注目する

リコンデイショニングを実施するうえでは、人聞が本来持っている身体の機能に着目し、低下している身体機能を改善、向上させることが重要となる。すなわち、姿勢、アライメントや身体の動き、使い方に着目し、低下している身体機能を改善、向上させることによって身体の不調を改善することカfリコンデイショニングであるといえる。

医療保険の枠外で実施する

リコンディショニングは、医療機関で、の治療に至らないもの、または医療機関での治療が終了したものの身体の調子が回復しないものを対象とし、医療保険の枠外で行われる手段である。もちろん、身体の不調には様々な症状、状態があり、なかには治療が必要なものもあることから、リコンディショニングを開始する際には医師の診断が必要となる。

これらのポイントを踏まえて考えると、リコンデイショニングは医療機関で対応できない身体の不調等に対して、個々の身体の機能上の問題(課題)を見い出し、それを改善していく手段であり、それこそが、まさにパーソナルトレーナーが取り組むべき領域であるといえるのではないだろうか。以下に、リコンディショニングを目的としたパーソナルトレーニング指導のポイントについて述べる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *