特に身体機能(ファンクション)に注目する

リコンデイショニングを実施するうえでは、人聞が本来持っている身体の機能に着目し、低下している身体機能を改善、向上させることが重要となる。すなわち、姿勢、アライメントや身体の動き、使い方に着目し、低下している身体機能を改善、向上させることによって身体の不調を改善することカfリコンデイショニングであるといえる。 医療保険の枠外で実施する リコンディショニングは、医療機関で、の治療に至らないもの、または医療機関での治療が終了したものの身体の調子が回復しないものを対象とし、医療保険の枠外で行われる手段である。もちろん、身体の不調には様々な症状、状態があり、なかには治療が必要なものもあることから、リコンディショニングを開始する際には医師の診断が必要となる。 これらのポイントを踏まえて考えると、リコンデイショニングは医療機関で対応できない身体の不調等に対して、個々の身体の機能上の問題(課題)を見い出し、それを改善していく手段であり、それこそが、まさにパーソナルトレーナーが取り組むべき領域であるといえるのではないだろうか。以下に、リコンディショニングを目的としたパーソナルトレーニング指導のポイントについて述べる。

Continue Reading

変形性膝関節症のリコンディショニング

変形性膝関節症という診断を受けても、その痛みの範囲は制限されます。動作などの特徴は千差万別である。このことから、リコンデイショニングにおいて、プログラム開始前におこなわれるパーソナルトレーナーのスクリーニングは特に重要となる 。 まず重要なことは「痛み」が発生する動作や可動域、そして何よりも 、痛みのせいで クライアントが生活を送るうえで支障をきたしていることは何なのかを十分に把握することだ。 クライアントによってはスポーツ活動など、強度の高い動作をおこなうことを希望しているかもしれないし、あるいは、普段の日常生活を不安なく送れるようになることが希望という場合もある。クライアントの求めるライフスタイルによってゴールは異なるし、また リコンデイショニングを進めるスピードも変ってくる 。

Continue Reading

パーソナルトレーナーだからこそできること

コンディショニングは、ケガや病気、運動不足などによ って運動器の機能力ず落ちている人のための“回復、改善”のトレーニング (コンディショニング)です。 このリコンディショニングは、今後のパーソナルトレーニングの重要な領域になるとおもいます。なにしろ 、運動器の障害に悩む人が、莫大といえるレベルでいるという現実があります。 変形性膝関節症だけでも、患者数が800 万人、その“予備軍”になる人が 2400 万人いると推計されています。合わせて 3200 万人もの人が、膝に悩みを かかえていることになります。 一人ひとりの遣いに対応して指導できるのが、パーソナルトレ一二ングのよさです。運動機能を段階的に上げていくプログラムを組み、指導できるのが、パーソナルトレー二ングの “真骨頂”ともいうべきところです。

Continue Reading